みずいぼ(伝染性軟属腫)

みずいぼ(伝染性軟属腫)

みずいぼ(伝染性軟属腫)

軟属腫ウイルスによる子供さんに好発する感染症の一つです。免疫に異常がある場合はのぞき、成人までに自然に消えるのが特徴です。ピンセットで除去すべきか?自然に消えるのを待つか?それとも他の手当をするのか?保護者の方ともよく相談して決めます。

区別したほうがよい皮膚の病気は?

ウイルス性乳頭腫(イボ)、光沢苔癬、脾粒腫(ミリウム)、アトピー性皮膚炎患者さんの毛包(atopicドライスキン)、顔面では、脾粒腫、面ぽう(にきび)などがあります。

当院が考えている水イボの治療について

ペンレステープを貼って1時間程、待機していただき、みずいぼをとってしまう方法がありますが、ペンレステープを貼ったとしても、痛い場合がありますので、当院で現時点で考えている方法としては1回の診察で1個~多くて5個まで除去を考えています。痛いことで、お子さんのトラウマになってしまってはかわいそうですので、最小限の個数でできるだけ痛くない方法でとれる方法を考えています。

水イボは消えるんですか?

自然に消えますが、どれぐらいの期間できるかは個人差があります。半年で消える場合もあれば3年程かかる場合もあります。

ピンセットでとる方法は痛いですか?

できる限り、痛くない方法で工夫してとりますが、個人差があります。恐怖感を感じやすいお子さんは痛みが感じやすいようです。

幼稚園、小学校の登園登校は?

登園登校については制限はありません。

プールについては、水中ではうつりませんので入っても構いません。しかしながらタオルやビート板、浮き輪などを媒介して感染することはありますので、これらは自分専用のとして、お友達と共有しないことが大事です。プールの後はシャワーで肌を綺麗に洗いましょう。

千葉県長生郡長生村のあまが台ファミリークリニック(内科/小児科/皮膚科/糖尿病内科/健康診断/予防接種)
タイトルとURLをコピーしました