シミとは?原因と治療について

シミとは?原因と治療について

シミとは?

  • 最近、シミが目立ってきた。。
  • 頬に茶褐色の斑点がある
  • 子供のころからのそばかすが思春期になって目立ってきた。
  • 手の甲、足にも色素が沈着してきた。
  • シミを少しでも薄くしたい、目立たないようにしたい。

皆さん こんにちは。あまが台ファミリークリニック院長の細田です。

シミの治療をどうしたらいいか?わからない。少しでも薄くしたい。きれいにしたい。そういった方は少なくないと思います。

当院では、シミの治療も対応していますので(保険診療+自費診療)、こちらのページをご覧いただき、診断治療に興味ある方は、ご相談ください。

シミとは?シミの原因について

シミは、皮膚にメラニン色素がたまってできるものの総称です。

当院のこちらのページでは、外来でよく相談をうける以下のシミの原因や特徴について解説していきます。

肝斑(かんぱん)
老人性色素斑(日光黒子)
雀卵斑(そばかす)
炎症後色素沈着

それぞれについて解説します。

◆肝斑(かんぱん)

■原因
女性の顔に多く出やすく、妊娠や、経口避妊薬等によって誘発されることが多いです。洗顔のしすぎでも起こるで、洗いすぎには注意しましょう。紫外線で悪化することがあるため紫外線対策が大変重要になってきます。薄い褐色のもので大きいのが特徴で、頬骨に沿って左右対象にできるのも特徴の1つです。高齢者ではほとんど見られません。治療は外用薬や、内服薬が主体になります。レーザー治療は対象になりません。ホルモンバランスの変化によって悪化するのも特徴の1つです。

■区別のポイント
30歳から40歳代に多いのも特徴です。左右対象で、目の周りにはできないのもポイントだと思います。

◆老人性色素斑(日光性黒子にっこうせいこくし)

■原因
シミの多くは、こちらです。老人性色素斑と呼ばれたり、日光性黒子と呼ばれる場合もあります。淡いものから濃いものまで褐色の色素斑で、顔以外にも手の甲や、背中、前腕、など、日光に当たる露出部に多いのも特徴の1つです。中年以降に増えてきて、紫外線が主たる原因と考えられています。

■区別のポイント
顔、手の甲、前腕など、露光部に多いことで見分けがつきます。

◆そばかす雀卵斑(じゃくらんはん)

■原因
直径数mm以下の茶褐色の小さな斑点が頬や、鼻周囲に多く出るのが特徴です。遺伝性が強いため、早いと3歳ころから出現して、思春期に目立つようになります。

■区別のポイント
幼少時からあり。家族にもみられるのポイントです。肝斑が、目のまわり、鼻にはできなのに対して、雀卵斑は、鼻にもまたがるのが特徴です。

◆炎症後色素斑

■原因
火傷やニキビ、化粧品かぶれなどによる肌の炎症が治った後にできるシミです。年齢や、性別、場所には特に関連なくできることがありますが、炎症が起きてから時間とともに徐々に薄くなるのも特徴の1つです。ただしそこに日焼け等が加わると、治りづらいのでやはり紫外線対策が重要になります。

■区別のポイント
ニキビ跡、やけどのあとなど、炎症を起こしたあとからできるので見分けがつきます。

シミはどうしてできるのでしょうか?

皮膚を紫外線から守るためのメラニン色素


ご存知の方も多いと思いますが、皮膚は、外側から表皮、次に真皮、皮下組織という構造になっています。(さらに内側に、筋膜、筋肉、骨や内蔵があります。)

シミに深い関係があるのが表皮です。表皮は一番外側にあるケラチノサイト(表皮細胞)と、表皮の1番下の基底層にある、メラノサイト(色素細胞)から構成されています。

紫外線を浴びることで、チロシナーゼという酵素が活発になり、メラノサイト内でメラニン色素が生まれます。それが皮膚表面にある細胞に渡されることで紫外線から細胞を守っているのです。つまりメラニン色素は、紫外線が、体に害を及ばないように守っているといえます。

厄介なのが、このメラニン色素が大量に生まれることで、シミと言う形で沈着することです。

それではメラニン色素がずっと同じ場所にいるかというとそうではなく、肌の細胞は通常約28日周期で新しい細胞に生まれ変わっています。

これを肌のターンオーバー(新陳代謝)と呼びます。基底層にある細胞が分裂して皮膚表面に押し上げられ、最後は表面から剥がれていくのです。俗にいうアカが落ちていくような過程です。

ですから白紫外線を浴びて作られたメラニン色素も、実は28日サイクルで役割を終え、古い細胞とともに剥がれ落ちます。

実際には、一番外側のケラチノサイトが、剥がれ落ちていくまでには大体42日位の時間がかかると言われています。

シミができる理由

上記で解説しましたように、実際には紫外線から守る役割を持っているメラニン色素ですが、様々な原因で、メラニン色素が過剰に作られ、ターンオーバーのサイクルが乱れると、本来剥がれ落ちるはずだったメラニンがそのままそこに留まり、色素沈着=シミとなってしまいます。

それではその原因は何でしょうか?

大きな原因は紫外線です。紫外線を長年浴び続けることで肌がダメージを受けて肌の再生能力が落ち、メラニン色素がなくなる力が弱くなってしまうと考えられています。また、ストレスや、タバコ、睡眠不足、生活リズムの変化もシミが沈着する要因になります。

シミをそのままにしておくとどうなるのでしょうか?

シミを長い間放置しておくと、そこがイボのように隆起して脂漏性角化症(老人性角化腫)というイボに進展することも珍しくありません。これ自体は、良性の腫瘍で、液体窒素である程度隆起はとれるのですが、それだけですと、シミは消えません。シミを薄くするには、ハイドロキノンや、トレチノイン(ビタミンA誘導体)などの外用剤でケアする必要があります。(自費診療)

こんな場合は要注意!!

長年紫外線を浴び続けて放置しておくと、老化が進み、肌がカサカサしたり、うろこ状になったり、かさぶたのようになる場合もあります。これは日光角化症と言いまして、皮膚の皮膚がんの前段階でもあるためとても注意が必要です。

また、シミだから放っておこう、痛くも痒くもないし…と放置していると、他にも病気が隠れていることもあります。シミ似た症状が出る病気には、表在基底細胞癌や、悪性黒色腫(悪性黒子)などの皮膚がんや、体内に摂取された薬剤によってできる固定薬疹や、ボーエン病などもあります。

胸やお腹、背中など、日光に当たらない場合に発生する、シミの中に「ただれ」ができたり、「比較的急に大きくなって盛り上がっている」「墨汁を垂らしたように、外側にどんどん広がっている」などがある場合は、皮膚がんの恐れもあるのですぐに医療機関の受診を勧めます。

シミの治療

以上のように、シミにも色々とあるため、それぞれに適した治療が必要になります。当院では保険診療、自費診療に分けて治療の選択肢を提供していますので、興味ある方は気軽にご相談ください。

シミの治療には、予防も含め様々な治療の選択肢がありますが、当院で利用できるのこちらの3つになります。
1)紫外線対策 
2)ハイドロキノン4%の外用剤塗布 
3)トレチノイン(ビタミンA誘導体)の外用剤塗布があります。
※2)3)については、自費診療になります。

紫外線対策

少なくともSPF30以上のものを、2時間くらいの間隔で使用することが望ましいという研究結果があります。

できるだけ、日傘をするなどして、あたりすぎには気をつけましょう

ハイドロキノン

肝斑、炎症後色素沈着、雀卵斑、老人性色素班に治療適応があり、いずれもまずは行うべき治療になります。

当院では、まずハイドロキノンに詳しいスタッフが使い方について説明し、納得いただいた方だけに処方しております。

医療機関だけでしか取り扱いのない、ハイドロキノン4%を処方いたします。

ハイドロキノン4% 5g 2200円(税込み)

トランサミンの内服

肝斑に対して保険適応があります。

千葉県長生郡長生村のあまが台ファミリークリニック(内科/小児科/皮膚科/糖尿病内科/健康診断/予防接種)
タイトルとURLをコピーしました