糖尿病の症状、原因、検査

糖尿病の症状、原因、検査

糖尿病の症状、原因、検査について

  • 「血糖コントロールを良くするにはどうしたら良いだろうか?」
  • 「運動はなかなか続かないけれども、運動以外で血糖コントロールを良くする方法が知りたい。」
  • 「糖尿病の合併症を防いでいきたい」

糖尿病について、様々な疑問を持たれている方が多いかと思います。

あまファミでは、糖尿病のケアに力をいれています。薬にできる限り頼らず、食事運動を中心にしたセルフケアのサポートをおこなっていきたいと思っています。

糖尿病の合併症を防ぎたい、血糖コントロールを良くしていきたい、糖尿病を予防するにはどうしたら良いだろうか?

そういった疑問を持っていらっしゃる方はぜひご相談ください。

糖尿病について

膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの量や働きが足りないために起こる病気のことです。インスリンは血液の中の栄養分を細胞に送り込むの働きをしていますが、この働きが鈍くなったり足りなくなるのが糖尿病です。

糖尿病が寿命に与える影響

糖尿病患者さんの平均寿命は10年ごとに統計をとられており、2001年から2010年の統計が最新で、一般集団に比べ男性で8.2歳、女性で11.2歳短いことが報告されています。

1990年から2000年に比べるとこの差は縮まってきており、これは主な死因であった大血管症(心筋梗塞や脳梗塞)による脂肪の減少によるもので、糖尿病治療そのものの進歩だけでなく、大血管症の治療の進歩が大きく貢献していると考えられています。そして今回の統計では今まで死因の第1位であった悪性腫瘍が第一位となりました。

糖尿病薬の進歩によって糖尿病患者さんの平均血糖値も改善し、2型糖尿病患者(インスリンは出ているけれど、効果が少ない病態)さんの平均HbA1cは7.0%まで下がりました。

BMI は24.71kg/m2と上昇は止まり、依然として肥満の人が多いのが現状です。糖尿病患者さんにとって心血管イベントの減少のための体質改善につながる肥満対策は大変重要と考えられています。

原因について

生まれつきの体質と生活習慣や環境などの誘引が重なり、糖尿病を発症します。誘因としては下記のようなものがあります。

運動不足
食べ過ぎ
飲みすぎ
肥満
ストレス
睡眠不足

どれも生活習慣になります。こういった生活習慣を引き起こす原因を日常の生活の中で振り返っていただき、ご自身が無理なく続けられる方法から取り組んでいただくようにサポートしていきたいと思っています。そのためあまファでは、栄養指導室もつくりました、専任の管理栄養士が患者さんのお話をじっくり伺い、できることを共にさぐっていくと言う栄養指導スタイルです。

尿管結石2

症状について

ほとんど無症状ですが血糖値がかなり高い状態になると自覚症状が現れることもあります。

自覚症状としては疲れやすさ、体中にできものができやすい、傷が化膿しやすい、喉がとても渇く、やたら甘いものを飲みたくなる、日中も夜もやたらトイレに行く回数が多い、食べても食べても空腹感が治まらない、急にやせてくる、意識が悪くなるなどです。糖尿病の初期は無症状ですので、この段階で、検査をして見つけることが大切です

糖尿病の合併症について

合併症には次のようなものがあります。

網膜症    物が見えにくくなります。
神経障害   手足の末端がしびれます。特にはじめは足の末端からしびれが起きるのが特徴的です。
糖尿病性腎症 尿に蛋白が出て足がむくんできたりすることがあります。
◆他には大血管障害といって、脳梗塞、心筋梗塞といった大きい血管の障害を起こすことがあります。
歯周病
勃起障害
易感染性 感染しやすくなり、足に感染が起きたものをほっておくと壊疽といって足の組織が腐ってしまうことがありますので、足のケアは大変重要です

検査について

糖尿病の検査には以下のようなものがあります。

【空腹時血糖】 朝食前の血糖値を測定します。
正常範囲は70~110mg/dlです。
126mg/dl以上が2回確認されると糖尿病という診断になります。

【ヘモグロビンA1C】
グリコヘモグロビンともいいます。(1ヶ月から2ヶ月間の血糖コントロール状態がわかります。正常範囲は4.6から6.2%です。)6.5%以上が2回確認されると糖尿病という診断になります。

【尿検査】
血糖が著しく高くなると尿に糖が出てくる場合があります。自分で試験紙で調べることが可能です。

【ブドウ糖負荷試験(OGTT)】
糖尿病と診断したりインスリンの出具合を調べる検査です。その他にも合併症を調べるための検査もあります。

当院の糖尿病の治療方針について

当院では糖尿病の予防および治療にも力を入れております。栄養指導室も完備しています。一人ひとりのライフスタイル、希望を考慮し、無理なく長く続けられる食事療法および運動療法についても一緒に考えていくスタンスです。さらに、近年は血糖コントロールを良好にする様々な薬物治療と言う選択肢も増えてきております。メリットデメリットを考慮し、最善の治療になるようにサポートできれば幸いです。なにか不明な点、疑問点などありましたら、スタッフまで気軽にご相談ください。

糖尿病に関する情報は他に下記がありますので、参考にされてください。

■糖尿病の治療と生活上の注意点
■糖尿病でお薬を内服している方が食べられないときの注意点
■高齢者の血糖コントロールの目標値はどうしたらいいか?

 

当院は、お子さんからご高齢の方まで家族みんなで受診できるクリニックがコンセプトです。内科、小児科、皮膚科、糖尿病内科と幅広い病気に対応します。

※近隣の茂原市、長生郡(一宮町、白子町)、山武郡九十九里町、大網白里市などからも近いのでお越しください。詳細はこちらをご覧ください。
⇒ 当院ホームページ
【住所】
あまが台ファミリークリニック
〒299-4345 千葉県長生郡長生村本郷7293番
当院へのアクセスは
千葉県長生郡長生村のあまが台ファミリークリニック(内科/小児科/皮膚科/糖尿病内科/健康診断/予防接種)
タイトルとURLをコピーしました