男性型脱毛症

男性型脱毛症

男性型脱毛症について


男性型脱毛症は男性の脱毛で最も多い原因です。男性型脱毛症の特徴は思春期以降に始まり、前頭部、頭頂部の一方もしくは双方の髪が薄くなり、細く、短い髪が目立ち、次第に進行していきます。他に脱毛の原因として貧血、甲状腺機能の低下などがあり、これらは異なる治療法が必要となります。

原因は毛周期と呼ばれる髪が生え始め抜けるまでのサイクルの中で成長期と呼ばれる時期が短くなる事です。

この事は頭の男性ホルモン受容体にDHTと呼ばれる物質がくっつく事により起こります。DHTをつくる量が場所や人により違い、多い場合には髪が薄くなります。

治療方法と効果は?

フィナステリドというDHTをつくるのを防ぐお薬が一般的です。上記の説明の様に髪を作るのではなく減る原因を少なくするので効果が現れるのに5,6ヶ月ほどかかります。

効果は臨床検査では6割ほどの方が改善し、4割の方は変わりなしでした.残念ながら進行してしまったひとも2%程いました。

4割の方に変わり無しという結果でしたが、男性型脱毛症は進行性であるので進行を抑えている事は効果があると考える事も出来ます。

副作用はなんですか?

副作用は1%の人に性欲の低下,0.7%の人に勃起機能不全を認めました。また肝臓で代謝される為、肝機能障害のある人には投与出来ません。

女性の人には効果がなく、妊娠や授乳中の女性が薬の割れた物に触れ無いようにして下さい。PSAという前立腺の検査結果に影響を及ぼすので検査された時は医師へ内服している事を伝えて下さい。

初診の流れ

以下が受付から会計までの流れになります。

受付

診察

採血

薬の処方(院内処方)

会計

帰宅

あまが台ファミリークリニックで採用している薬はなんですか?

ザガーロ0.5mgとフィナステリド1mgの2つがあります。

それぞれの違いについて教えて下さい。

項目 ザガーロ フィナステリド
価格(30日分) 9,600円 6,000円
併用禁忌 なし なし
併用注意薬 CYP3A4阻害作用を有する薬剤
リトナビル等(本剤の血中濃度が
上昇する可能性がある)
なし
禁忌 本剤の成分及び他の5 α還元酵素
阻害薬に対し過敏症の既往歴のある患者女性(妊婦、産婦、授乳婦等)
小児等
重度の肝機能障害のある患者
本剤の成分及び他の5 α還元酵素
阻害薬に対し過敏症の既往歴のある患者女性(妊婦、産婦、授乳婦等)
小児等
重度の肝機能障害のある患者
副作用 第Ⅱ/Ⅲ相国際共同試験において、
本剤が投与された総症例557例(日本人120例を含む)中、95例(17.1%)
勃起不全24例(4.3%)、リビドー減退22例(3.9%)、精液量減少7例(1.3%)
日本人120例中、臨床検査値異常を含む副作用が報告された症例は14例(11.7%)リビドー減退7例(5.8%)、勃起不全6例(5.0%)、射精障害2例(1.7%)(承認時)
承認時の国内臨床試験において、
調査症例276例中副作用は12例(4.3%)リビドー減退3例(1.1%)
勃起機能不全2例(0.7%)、その他9例(射精障害、精液量減少、下痢、胃不快感等)(いずれも1%未満)

料金(1ヶ月30日分処方の場合)

この薬は健康保険の適応外なので費用はすべて自費となります。受診後の流れは診察をし採血で貧血,甲状腺機能,肝機能,腎機能を検査した後に薬を処方します。※他院で肝機能、腎機能、甲状腺などの検査をしたことがある方は半年以内の採血結果をご持参ください。

<初診時(はじめて処方する場合)>

項目 費用(円)
初診時診察料 3,000円
血液検査 7,000円
薬代 例30日分 6,000円(フィナステリド)
9,600円(ザガーロ)
合計 16,000円(フィナステリド)
19,600円(ザガーロ)

※血液検査では、肝機能、腎機能、貧血、甲状腺機能を調べます。

<2回目以降>

項目 費用(円)
診察料 0円
薬代 例30日分 6,000円(フィナステリド)
9,600円(ザガーロ)
合計 6,000円(フィナステリド)
9,600円(ザガーロ)

不明な点につきましては気軽にご相談ください。

ネット予約はこちら

電話での相談はこちらです。

千葉県長生郡長生村のあまが台ファミリークリニック(内科/小児科/皮膚科/糖尿病内科/健康診断/予防接種)
タイトルとURLをコピーしました