default
院長ブログ

子供が夏によくかかる感染症(手足口病、ヘルパンギーナ、プール熱)が心配な保護者の方へ

皆さん おはようございます。

2019年9月9日に千葉県長生村(あまが台公園前)で開院予定のあまが台ファミリークリニック院長の細田です。

これから梅雨が訪れますね。そして、それが終われば、、、、真夏になってきます。

つい先日は5月とは思えない暑さでしたので、真夏になったらどうなるんだろうかと心配されている方も多いかもしれません。

今回は6月下旬から9月にかけて流行する夏風邪(手足口、ヘルパンギーナ、プール熱)について書きたいと思います。

風邪が流行するのは冬だと思いがちですが、実はインフルエンザが流行する1月から3月、真夏の7月から9月にかけての感染者の数はほとんど変わらないことがわかっています。

免疫が十分に発達していないお子さんは、夏場は夏の感染症にかかりやすく、特に0歳から3歳にかけてのお子さんは免疫が不十分なため次から次へと感染する傾向があります。

学級閉鎖や夏休みがない保育園などでは、流行が留まらずに長く続くことがあります

特に3歳未満のお子さんは、鼻や喉を通る気管も細くちょっとした鼻水やたんが詰まりやすくなるのでそれだけで息苦しくなります。

それによって機嫌が悪くなったり、眠れない、飲めない食べられないといった症状が出やすいのも特徴の1つでしょう。

夏風邪のウィルスは一般的に2週間から4週間の潜伏期間があり、便と一緒に排出されます。

潜伏期間はずっとウィルスが排出されますので、手などからの接触感染、唾液、オムツ替えなどで人から人へと移りやすいことがわかっています。

接触感染でうつりますから、保育園や幼稚園に通っているときは集団感染を防ぐためにも早めの受診をお勧めします。

高温多湿の夏は夏風邪の原因となるウィルスや菌が繁殖しやすく、疲れや夏バテなどで体力落ちてる時は高齢者を含めた大人も十分な注意が必要です。

当院の診療案内には夏風邪の代表的な疾患である

について予防も含めた対応などを記載していますので興味のある方はご覧ください。

診療案内⇒小児科はこちら

当院は、お子さんからご高齢の方まで疾患の種類を問わず気軽に受診できるクリニックがコンセプトです。

※近隣の茂原市、長生郡(一宮町、白子町)、山武郡九十九里町、大網白里市などからも近いのでお越しください。

詳細はこちらをご覧ください。
 ⇒ 当院ホームページ
【住所】
あまが台ファミリークリニック
〒299-4345 千葉県長生郡長生村本郷7293番
当院へのアクセスはこちら

院長ブログ
千葉県長生郡長生村のあまが台ファミリークリニック(内科/小児科/皮膚科/糖尿病内科/健康診断/予防接種)
タイトルとURLをコピーしました